無事に我が家への引越しが完了しました

私の両親は東日本大震災で被災し、それまで住んでいた自宅が半壊状態となりました。
今後住み続けるのは難しいと判断し、同じ市内に住む私の自宅へ同居することが決まりました。

両親の自宅は借家だったので、できるだけ早く家財道具を片付けて退去しなければなりません。
ただ大震災の混乱により、通常の引越し業者さんに依頼するのは難しい状況でした。

そこで電話帳やインターネットで便利屋さんを探し、何軒もの業者さんに電話連絡をしました。
ようやくある便利屋さんに引き受けていただき、引越し作業を行いました。

まず、壊れて使用不可能となった食器棚やサイドボードなどを搬出してもらいました。
さらに小物を収納していたカラーボックスや古い洋服箪笥などは、便利屋さんが自力で解体してくれました。

それらを含め、粗大ごみや不要物は自治体指定の廃棄物・がれき処理場に搬入する決まりです。
それも便利屋さんが代行してくれたので、大変助かりました。

その後、必要な家電製品や洋服類も運搬していただき、無事に我が家への引越しが完了しました。
便利屋さんの的確な作業に感謝しています。