引っ越しによる生活スタイルの変化

引っ越しによる生活スタイルの変化
自分は引っ越しが多い方だと思っています。
首都圏内でも4回、東北の方の実家に1回引っ越してまた東京に出てきたので長距離の引っ越しも経験しました。
そこで思ったのは引っ越しを繰り返すことにより生活スタイルが徐々に変わっていくということです。
働き始めてすぐの最初の頃はあれもこれもと買い物をして持ち物がたくさん増えていきました。
特にパソコンパーツ関連の箱などが部屋に積み上げられる始末で、ものは多いのに落ち着かないという感じでした。
いつか使うだろうというものはずっと使うことが無く、その後の引っ越しで手放してしまいました。
その次は使うことがないものは買わないようにしようとしたものの、長く使えるものが良いと思い、一人暮らしなのにちょっと大きめの家電を買い替えていました。
しかしその後実家に引っ越して帰ることになったときに手放してしまいました。
大きくて引っ越し料金もかかりますし、実家に洗濯機が2台あっても仕方なかったですので。
それからまた東京に出てきたときはコンパクトな暮らしを心がけました。
いずれ引っ越すかもしれないしと引っ越しやすい収納で暮らしていました。
わりとこれが快適で、しばらく引っ越さなかったのですが、引っ越しを意識して必要なものだけを持つというのが生活スタイルとして自分に合っていたのだなと分かりました。
引っ越し貧乏という言葉もありますが、自分のスタイルを確立するということでは引っ越しを何回かするのもありではないかと思います。

引っ越しによる生活スタイルの変化 はコメントを受け付けていません。

Posted in 引越し完了後