アパートから一戸建てへの引越し

アパートから一戸建てへの引越し
昨秋、アパートから賃貸の一戸建てに引っ越しました。
3人目の子供が生まれ、手狭になったためです。
アパートは住みやすく、近所の方にも親切にしていただいたのですが、収納が少ないのが難点でした。
収納に入りきらない荷物は使わない部屋に放置したまま。
ついには部屋が荷物でふさがってしまいました。
そこで近所で一戸建ての家を探すことにしました。
予算の都合で中古の賃貸です。
築年数は二十年ほど。
駐車スペースは車二台分。
まずまずの条件でした。
ところが新居が決まっても引越しが大変でした。
なるべく引越し代を安くしようと、段ボール箱を車でピストン輸送しました。
結果的に200箱近く運びました。
子供は小さく、妻も妊娠中だったので一人きりの作業でした。
もともと腰と肩を痛めやすく、体に気をつかいながらの引越しでした。
引越し業者の方も「よくこれだけ運びましたね」と感心していました。
そして今は新居で暮らしていますが、まだ開けていない段ボールが部屋の隅に残ったままです。
小さい子供がいると片付けもなかなか進まないのが悩みの種。
次の引越しまでそのままにしておこうか、などという考えも頭をかすめますが、ゆっくり荷ほどきしていきたいと思っています。

アパートから一戸建てへの引越し はコメントを受け付けていません。

Posted in 引越し完了後