大切な家族であるペットは、引越しの際どのようにして運べば良いのでしょうか。
最も良い方法は、自分たちの自動車に乗せてあげることです。

67000

普段一緒に暮らしている家族と移動できれば、ペットも安心して長時間の移動が出来るためです。
ただ、何かしらの事情で一緒に移動できないということもあるかと思います。

そうした際には、ペットの引越しに対応した引越し業者に依頼することになるのが一般的です。
しかし、ペットの引越しというのは、引越し業者としてはあまり進んで行いたいことではないため、別途で2万円から3万円程度のオプション料金を取って行います。

また、ペットを引越し業者に預けた場合、安全の保証がないことが基本となっていますので、万が一のことがあったとしても医療費などが出ませんので注意が必要です。
基本的にペットの引越しを依頼する業者は大手を選ぶことがオススメです。

大手に依頼した場合、ペットの移送を専門に行う業者に委託し安全に運んでくれる場合が多いためです。

上手に引越しをするには

なかなか思うように良い引越しができないという事で、引越しの度に後悔をしてしまう人は多いのではないでしょうか。
ですから上手に引越しをするために必要な事をこれからいくつか紹介していきたいと思います。

ダンボール

まず、引越しで一番後悔してしまいがちなのが、引越し前日まで何も準備をしておらず、そこに来て急に焦り出すという事です。
やはり数時間では部屋の荷物を全てまとめるというのは大変で、結局引越し業者さんが来てもまだ終わらずに一緒に荷造りをしてもらうなんていう事になる人も多いのではないでしょうか。

しかし、業者さんの方もその後にまだ仕事も入っていますし、時間がおしてしまうとそれだけ迷惑になってしまうという事をきちんと覚えておくようにしましょう。
上手に引越しをしたいと思うのでしたら、まずは荷造りは毎日少しづつで良いので、自分でノルマを決めて行うというのが良いでしょう。

豆知識コーナー
一人暮らしの引越し!各種手続きは大丈夫?
新居が決まったら色々な手続きがありますので、ここでチェックしておきましょう。

これから引越しを控えていると言う方は是非参考にしてください。

引越しはこうやって安くする
私は年に1度必ず引越しをする引越しマニアです。
皆さんも一度は引越しをした事があるかと思いますが、私はその引越しのプロです(笑)何度も何度も引越しをする事によって、どうすれば引越し費用が安くなるのかを知りました。
そのちょっとした豆知識を今回少しお伝えしようと思っています。
まず、引っ越しをする際に必ず発生するのが、引っ越し作業代。
もちろん自分で作業をする場合は目に見える出費はありませんが、交通費やガソリン代等の経費はかかってしまいますよね。
それ以上に、自分自身のお金では代える事の出来ない時間を割く事になります。
ですから、私は引越しは基本的に引越し業者の方にお願いするようにしています。
では何で引越し費用を安く抑えるのか。
それは、インターネットの契約を引越し業者にお願いする事です。
???どういう事???と全ての方が疑問に思うかもしれませんので、カラクリをお伝えします。
恐らくほとんどの自宅でインターネットは利用されていると思います。
通常であればNTTでインターネット利用の手続きをして利用できるようにしますが、その手続きを引越し業者に任せるのです。
手続をお願いすると代行費用などがもっとかかるのでは?と思われがちですが、実はそうではないのです。
最近はほとんどの引越し業者がNTTと代理店契約を行っています。
お客様の代わりにインターネットの手続きを行うのです。
代わりに手続きをする事で、NTTの手間は減るわけですから、NTTはその代理店(今回は引越し業者)に謝礼をお支払します。
そうすると、引っ越し業者には引越し手続き以外にインターネット手続きの謝礼が入るわけですから、多少の値引き交渉ができます。
どうですか?凄いでしょう?これを知っているか知らないかで、数万円は変わる話です。

引越しの際に重要視する優先順位
今年の三月に賃貸マンションへ引越しをしました。
引越しを決めるまで約六ヶ月の間、引越し先の物件探しや引越しの際に依頼する引越し業者さんを吟味していました。
お陰で引越しは滞りなく済ませることができましたし、現在は引越し先で満足できる生活をおくっています。
私は引越しを3~4年に1度のペースでしております。
今まで引越しで失敗したこともありますので、引越しは慎重にするようにしています。
引越しをする際に大切なのは事前の情報収集と準備だと思います。
急に引っ越さなければならないなら仕方がありませんが、ある程度の期間を経て引越しをする際には事前に準備をしておくことが大切だと思います。
私の場合は引越しの際に優先する事柄を明確にしておきます。
優先順位を決めておくことで、迷うことなく引越しを進めることができるからです。
例えば引越しの際に引越し業者さんに依頼する場合は値段の安さを重視するのであれば、複数の業者さんに見積もりの依頼をします。
現在はインターネットなどで一括で見積もりをしてもらえるサイトもありますので便利です。
値段の安さよりもサービスの質を重視するのであれば、引越し業者に対する口コミやレビューを検索して判断します。
引越しは物件探しにしても引越し業者の依頼する場合でも、事前の情報収集と準備が重要だと思うのです。

引越しのときの時間の感じ方
引越しというと、新生活への第一歩という清々しいイメージがありますが、実際やろうとするとかなり面倒です。
初めての引越しのときは、引越しを放棄したいくらい面倒だった記憶があります。
初めての引越しというのは、私がそこそこ大きくなってからだったので、家に中にはかなりのものがありました。
それらを全て片付けられたのは、今思えば奇跡に近い気がしています。
それぐらい大変でした。
地味な作業が多かったので、気が散ることも多々あり、久しぶりに漫画を読んでみたり、普段出不精のくせに散歩してみたり、色々やった記憶があります。
そして、地味な作業が長く続いたわりに、引越し当日はあっという間に過ぎ去っていきました。
家具家電は次々と運び出され、段ボールもいつのまにか家の中から無くなっていて、私は茫然としました。
そのとき初めて、引越しのプロ凄いと思った記憶があります。
引越し先に行き、休憩のあと、荷物が運ばれてきました。
荷物を出すときと同じように、次々と運ばれてきました。
そして、業者さんはあっという間に去って行きました。
凄かったねと家族で言いあったのを今でも覚えています。
案の定と言いますか、荷ほどきにかなり時間がかかり、もう引越しは嫌だと思ってしまいました。

引越しにおける自分ルール
引っ越しの経験は年齢の割には多い方かもしれません。
単身パックは独身の時に六回、家族単位のおおががかりな引越しは新築に越してくる時に一回利用しました。
引越しに関して声を大にして伝えたいことの一つは、『捨てること』です。
とにかく荷物を減らすことが、経済的にも労力的にも一番です。
とは言え、私は決して荷物の整理が得意ではありません。
ですから梱包の際は出来るだけ迷わず捨てられるように一つルールを決めています。
『お金で解決できるもの、記憶にないものはいらないもの』の理念に従い、箱に詰めるか、ゴミになるかが分けられます。
引っ越し先に持って行くか迷うもので、捨てたとしても買えば済むようなものは持っていてもその存在を忘れて箱に眠っているパターンがほとんどで、そのことを忘れて買ってしまうことが多いかと思われます。
また、荷作りをしていると懐かしいものがたくさん出てきます。
写真など他には代えられないものは捨てられませんが、書類などはあってももう活用されません。
心を鬼にして捨てる!捨てる!という勢いで梱包していくと引越し先も片付けやすくなること間違いなしです。
『もしかしたらまた使う、忘れていたけどまだ使える』というついつい出てくる節約心が逆に無駄な出費や労力を招きます。
また、衣類などは二年着なかったものはいらないもの、ということが断捨離のルールと耳にしたことがあります。
引っ越し先で気持ちよく荷ほどきができるように、梱包は自分ルールを厳しく設けることをお勧めします。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com